Written by Takanori Aoki

バックエンドエンジニアに将来性はある?仕事内容や平均年収を徹底解説

PROGRAMMING

こんにちは、タカノリです。

現役プログラマーとして稼いでいます。
プログラミングは将来を豊かにし、新しい世界を作り出す技術だと思っております。

さて、IT業界で活躍していこうと考えたとき、将来的にどんな専門分野を持ったエンジニアになるかを決めておくことは、長期的な戦略を考える上で非常に重要です。

そこで重要になってくるのが「フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニア」どっちを目指すか?というところです。

「フロントエンドエンジニア」とは、ユーザーから見える部分を担当することを言います。
「バックエンドエンジニア」はその逆で、サーバーの構築やデータベースの構築などユーザーから見えない部分を担当することを言います。

規模が大きくなるほどバックエンドエンジニアは必要不可欠となりますが、中には「バックエンドエンジニアには将来性がない」という方もいます。

この記事ではバックエンドエンジニアに将来性はあるのか、また仕事内容や平均年収についても解説して行きます。

バックエンドエンジニアの将来性


まず結論から述べると、バックエンドエンジニアの将来性は高いといえます。

日本のIT業界で活躍するエンジニアの数が不足しているからです。2019年にみずほ情報総研株式会社が行ったIT人材需給に関する調査では2030年に約79万人の人材が不足するとされています。

» みずほ情報総研株式会社が行ったIT人材需給に関する調査データー

フロント部分だけで機能する小規模なものを除けば、バックエンドエンジニアは必要不可欠な存在です。では、なぜバックエンドエンジニアに将来性がないと言われているのでしょうか。

これはバックエンドエンジニアが自動化されるようになり、仕事がなくなるという考えからきています。確かにバックエンドエンジニアの自動化は進められており、職を失うという方も出てくるかもしれません。

しかし、その一方で自動化されたバックエンドエンジニアでは作れないような複雑なシステムを構築できるバックエンドエンジニアの人材価値は高まると予想されます。

自分なりに思考を働かせられるバックエンドエンジニアの将来性は非常に高いですが、ただ仕様書に沿って構築していこうとする何も考えないバックエンドエンジニアに将来性はないでしょう。

バックエンドエンジニアの仕事内容


バックエンドエンジニアの仕事は主に3つあります。

  • サーバーの構築
  • データベースの構築
  • システムの開発と運用

サーバーの構築

システムに必要なサーバーの構築を行います。

バックエンドエンジニアのプログラムはサーバーがなければ動作しないため、サーバーに関する知識が必要です。

例えば、WebサービスならWebサーバー、メールの送受信はメールサーバーが必要となります。

データベースの構築

データベースの構築も大切な仕事の一つです。

Webサーバーとプログラムの二つでコンピュータに指示を出すことは可能ですが、いちいちプログラムを組んでいると莫大な時間を消費してしまいます。

データベースを構築することで必要な情報を素早く引き出すことができるようになり、スムーズにプログラムを組むことを可能にします。

システムの開発と運用

システムの開発と運用がバックエンドエンジニアの主な仕事となります。

サーバーの構築やデータベースの構築はシステムを開発する際の前準備です。また、開発したら終わりというわけではなく開発したシステムが止まらないようにセキュリティやエラーの管理など運用まで行います。

バックエンドエンジニアの平均年収


バックエンドエンジニアの平均年収についてツイートしました。

転職エージェント「マイナビAGENT」によるとバックエンドエンジニアと近い職種のサーバーエンジニアの平均年収が465万円で20代平均418万円、30代平均501万円となっています。

» 大手転職エージェント「マイナビAGENT」による調査データー

しかし、完全な技術職なので優秀な人材であれば1,000万円を超えるエンジニアもいるようです。自身の腕次第で年収をあげることができるため向上心がある方に向いているといえます。

将来的に需要があるのかも調査するべき

W3Techs – World Wide Webで今何が需要があるのかを簡単に調べることができます。
» W3Techs – World Wide Web

コーディング不要な未来もある

最近では、「コーディング不要系」のスタートアップが増えているのも事実です。有名なのが「Zeroqode Lab」というサービスで、これを使うと”Airbnb”とか”Tinder”みたいなサービスをプログラミング不要で作れてしまいます。

補足:フロントエンドエンジニアにシフトチェンジするのもありな件

補足として、AI時代が加速していく中でバックエンドエンジニアが厳しい場合は、フロントエンドエンジニアにシフトチェンジしても良いかなと思います。ここに関しては、参考までに下記の記事で解説してます。

まとめ


バックエンドエンジニアの将来性は高いですが、自分で何も考えないエンジニアは今後淘汰されていくと予想されます。

ですが向上心を持って取り組むのであれば目指す価値は十分にあるでしょう。

人材不足から未経験でも採用してくれる企業も増えてきているため興味があるのであれば思い切ってチャレンジしてみてください。