Written by Takanori Aoki

【月7万円】ベーシックインカムを稼げるスキルを身につける方法

LIFE

ベーシックインカムを稼げるスキルを身につける方法になります。

下記のTweetでに反応があったので、記事で深掘りしますね。

人生に消耗してるなら、ベーシックインカムを稼げるスキルを身につよう😃 今では、HTML/CSS/Bootstrapを3ヶ月で独学したら、月7万円ぐらいは稼げますので。このような、ベーシックインカム的なスキルがあると、疲れたときに違う国でのんびりと現実逃避できるからオススメですね

最初に残穢なお知らせがあります

本記事では「差別化」までは解説できません。
なので、差別化=価格競争に巻き込まれやすいです、、、どうしても最初はここは避けて通れないので仕方ないです。

始めは7万円を目標にして、そこで目標を達成したらその後に、差別化とかを対策すればいいと思います。正直、効率的に稼ぐことを考えることも大切ですが、そればかり考えすぎると「考えることばかり意識して動けない」ということが一番ダメですのできをつけましょう。

7万円を稼げるスキルを身につけると「心の安心」に繋がります

僕が初めて7万円稼いだときは「最低限これを続けれれば今の仕事が嫌だったら辞めれるのか」という気持ちになれました。

つまり、「月7万円稼げるスキル=心の安心=仕事を辞めれる余裕」といった感じになります。

※記事の詳しい質問はTwitterで受け付けます
出来るだけ分かりやすく具体てきに書きましたが、質問があればTwitterからどうぞ。
»タカノリ(@takanoriaoki358) Twitter

それでは早速、見ていきましょう〜( ^∀^)

もくじ

  • ①月7万円を稼げる「プログラミングスキル」を身につける方法
  • ②月7万円を稼げる「ランサーズ案件」を受注する方法
  • ③月7万円のベーシックインカムは「人生の選択肢」を用意してくれる

①.月7万円のベーシックインカムを稼げる「プログラミングスキル」を身につける方法

具体的には、「HTML/CSS/Bootstrap」を最初に身につければ大丈夫です。

この3つのスキルを身につければ「ランサーズのLP案件」を受注ができます。
なお、LP案件とは縦長ページのコーディングでして、具体的には下記のような感じですね。
»DMM英会話

余談ですが、「サイポン」というサイトを使うと簡単にLPが作れます。
»サイポン  

LPというページは「商品を売る時に重要」なページになります、世の中には商品の数だけLPがあります、といっても過言ではありません。要するに「需要が高い=案件が多い=稼ぎやすい」ってことです。

具体的な学習方法は「①HTML/CSSを身につける方法→②Bootstrapを身につける方法」の順番で解説していきます。

①HTML/CSSを身につける方法

上記を身につければ大丈夫です。
学習方法の順番はなんでもOKです。好きな順番で進めていって問題ないです。

注意点:最初が一番難しいです(挫折しやすい)

多くの人の初心者は「float」や「clear:both」あたりで挫折します。

正直、最初が一番辛いしキツイ感じもありますが、ここはどうしても歯を食いしばりつつ頑張りましょう。

また、実際に手を動かすとわかりますが、重複している箇所が多いと思います。
そもそも1回で全てをマスターするとか無理なので、複数の教材で学ぶのが良いかなと思います。

お金に少し余裕があるならプログラミングスクールでもオススメ

僕は元々兄がプログラマーだったので家と事務所で独学で勉強してました。分からないときだけ兄に聞いてました。てたのですが(以前はスクールとかなかったので)、最近だと良いプログラミングスクールが多いですね。

個人的にはオンライン完結で学べるプログラミングスクールがオススメだと思います。TechAcademyがオススメでして、本記事の内容学びたいなら「フロントエンドコース」がオススメです。

挫折しない一番の方法はできる人に教えてもらうことです(メンターを付ける)

フロントエンドコースなら「HTML/CSS/Bootstrap」をマスター出来ると思います。期間は2ヶ月で大丈夫かなと思います。
»TechAcademyのフロントエンドコースの詳細はこちら

Bootstrapを身につける方法

HTML/CSS/を分かったところで次はBootstrapを身につける方法です。
HTMLとほぼ同じですが、ドットインストール・参考書・記事で学べば大丈夫です。

Bootstrapは正直簡単です。
HTMLでは「float」とか「clear:both」とかで挫折される方が多いです、Bootstrapはこの部分がテンプレ化されていますので気持ちてきに楽です。

具体的には「Gridレイアウト」と呼ばれており、「col-sm-12」みたいな記号を使うことで、簡単にレイアウトが作れます。

また、Bootstrapの最新バージョンは「4」ですが、学習するときはバージョン「3」で大丈夫です。その理由は、「4」でも「3」でも大きな大差ないです、「3」の方がネット上に情報が多いので初心者が勉強で学びやすいからです。

学習期間は:「HTML/CSS/Bootstrap」を3ヶ月で学ぶようにしましょう

学習期間の目安は、3カ月が目安かなと思います。

  • 学習期間:3ヶ月が目安
  • 学習時間:毎週13時間くらい
  • 3ヶ月後の学習時間の合計:130時間

目安ですが、130時間くらい少し余裕を持って勉強すれば、最低限の基礎は身につきます。
基礎ができたら次にやることは「実践=受注する」です。

「え…? いきなり受注するの? まだ自信がないし、、、怖すぎです。」って思うかもしれません。

ですが、全然問題ございません。
詳しくは、次の項で解説します。

②月7万円を稼げる「ランサーズ案件」を受注する方法

基本的には「ランサーズでLP案件に提案→納品」するだけです。
この部分をもう少し具体的に深堀りしていきます。

具体的に深掘りする要素

  • 具体例1:具体的なLP案件とは
  • 具体例2:提案する際のコツ&テンプレ
  • 具体例3:初受注の不安をなくす方法(実績作ること)

具体例1:具体的なLP案件とは

下記のような感じです。

具体例1:HTMLのLPサイトコーディング案件


上記の「LPサイトのHTMLコーディング」だと1ページ+問い合わせフォームで2万円ぐらいの案件になります。

僕はプログラミング歴3年以上ですが、これなら3時間程度で終わります。
もし、2万円でこの案件を受注したら時給6,600円ちょっとです。1日の労働3時間で、日給2万という感じになります。最初は3時間以上かかりますが、1年くらい経験を積めば達成可能です。

ランサーズでの案件の探し方


「仕事を探す→Web制作・Webデザイン→ウェブサイト制作・デザインの仕事→HTML・CSSコーディング」で探せば大丈夫です。
»「HTML・CSSコーディング」で検索した結果のページ|ランサーズ

ランサーズはほぼ毎日、新しい案件が入ってくるので、とりあえずはベーシックインカムは大丈夫ですね。

具体例2:提案する際のコツ&テンプレ

ランサーズだからといって簡単に「案件を受注」出来るわけではありません。「稼げない人=受注できない人」になります。

なぜ、簡単に受注できないのか、原因は次のとおりです。

ランサーズで受注できない人の原因

「実績がない、信頼がない、経験がない」からです。

考えてみたら当たり前ですよね。
もし、あなたが発注者だとしたら、「実績がない、信頼がない、経験がない」人に発注したいでしょうか。多分したくないと思います。それが真実です。

それだったら今までの話、意味がないじゃんって思います。ですが、大丈夫です。ちゃんと解決策を用意しております。それはこの問題を一撃でるテンプレートを用意しております(^○^)

ランサーズで受注できる一撃のテンプレート

下記のようにライティングしていただければ大丈夫です。

  • 自己紹介:信頼できる情報を書く
  • 提案:発注者のニーズを汲み取ることが大切
  • 付加価値:自分頼む価値を明確化する

自己紹介:信頼できる情報を書く

はじめまして。青木孝憲と申します。
現在は●●を拠点にWeb系フリーランスをしております。

※できれば本名で、活動地域も書いておくと相手は安心します。

提案:発注者のニーズを汲み取ることが大切

ご要望に添った制作が可能です。
HTML→WordPress変換のコーディングは慣れております、○年の経験があります。
途中まで完成したファイル一式を頂けましたら、コードを読みつつ進めることが出来ると考えております。
また、納期は1週間以内で可能です。

経験があることは書き、コード一式渡せば丸投げできることを相手に強調します。また、納期も1週間と早いことを強調することで相手はスピードがあることを分かってくれます。

付加価値:自分に頼む価値を明確化する

練習用で作ったものをポートフォリオで相手に信頼度を高めさせます→特別特典で自分に頼むメリットとデメリットをしっかり強調することで相手はさらに信頼してくれます

これだけやれば8割がた受注できます(⌒▽⌒)

こんな感じの流れになります。
これで提案すれば受注できるでしょう。あとはやるかやらないかですね。

重要なので繰り返しますが、1件提案して1件受注とか奇跡近いです。大体20件提案して、1件でも受注者できれば、すごいくらいなので、このことを覚えておきましょう。

また、そんなに提案するのは大変すぎって思うのですが、そんなときは、テンプレ文書の『提案部分』以外はコピペで大丈夫です。効率よくやれば1日に100件とかでも出来ます。

いやいや、、、自分には実績がないし、スキルも証明できないんですよ」という不安が浮かび上がるはずです。

でも、大丈夫です。

具体例3:初受注の不安をなくす方法(実績作り)

発注者の実案件にある「参考URL」を8件ぐらいコーディングしましょう。

発注者の実案件にある「参考URL」とは


上記の画像のとおりです。
この仕事の参考URLは下記のサイトになります。
https://peraichi.com/landing_pages/view/chikudenchi

こういった案件の中にある”参考URL”にあるサイトを8件ぐらいコーディングするだけです。

どうして、この戦略が有効なのか?

理由はとてもシンプルです、「参考URLが作れる=その案件を受注しても問題ない」ということに繋がるからです。つまり、「実案件の参考URLを8件ぐらいコーディングする=実案件を8件受注した経験とスキルがつく」ということになります。

さらに、「コーディングした参考URLをポートフォリオにしましょう」という事も重要です。

また、これをすることで実際に案件を受けるときに、発注者さんに「練習したコーテイング」を提示すればこの人は少しはできるだなと発注者さんにアピールすることできます。それをすることで発注者さんに「安心感」を与えることができます。

正直、こういったテクニックは基礎なのですが、ランサーズ内で出来ている人がほとんどいません。こいう「細かい」ところを「めんどくさがる」人が多いからです。この記事通りにやれば、ほぼ確実に受注できるかなと思います。

※実際に僕の兄貴や友人の方はこのやり方で受注していることが多いです。

なお、ポートフォリオを作る時は、サイトをスクショしてGoogleDriveに画像保存すれば大丈夫です。

※ポートフォリオは必ず「PC版とスマホ版」を保存しましょう。特に今はスマホ対応は必須ですから。
※フルページのスクショはChromeの「Full Page Screen Capture」を使うといいと思います。

よくある疑問:「案件はどのような流れで進みますか?」

これは一概には言えないのですが、あなたが選ぶ案件にもよりますが、一通りの流れは次のとおりになります。

  • あなた:案件の提案&お見積り
  • 発注者:確認点や質問メッセージが届く(仕事の内容)
  • あなた:全て問題ないことを回答する
  • 発注者:発注確定&エスクロー(※1)する
  • あなた:コーディングする&完成したら報告
  • 発注者:OKを出してくれるor少し修正依頼が入る。
  • あなた:修正する&完成したら報告
  • 発注者:Okをもらう。
  • あなた:サーバーにアップする。
  • 発注者:お金を支払う。

ざっくりですが、上記が一連の流れになります。やっていけばすぐに慣れてきますので心配しなくても大丈夫です。

※あと、上記でエスクローとあるのですが、これは「発注者さんがお金をランサーズにデポジットする行為」のことをいいます。これをすることで、”報酬を取り損ねること”の防止につながります。頑張って作ったのに報酬が支払われないとかありえませんからね、、、。

このような流れですが、結論は「受注してから発注者さんに聞けば問題ない」です。
よくある話なのですが、受注前にあれこれ細かいことを聞いしまうと、発注者の方は嫌がられます。

細かいことは受注してから聞きましょう。とりあえず受注しちゃって大丈夫です。世の中はそんなに厳格に回っていませんので。軽い気持ちででOKです。

月7万円のベーシックインカムは「人生の選択肢」を用意してくれる

月7万円を稼げると、人生の選択肢が少し広がります。

たかが「月7万円で?」と思うかもしれません。ですが、月7万円は間違い無く少しの選択肢をくれます。

月7万円でできる選択肢とは

僕の友人の実体験話でまとめてみました。

  • バンコクの田舎でのんびり暮らすなら。生活費は大体月5万円くらいだそうです。ちなみに今でも友人はバンコクの田舎で月5万ぐらいで生活してます。
  • カンボジアを旅しながら、アンコールワットに癒やされつつ、日本人宿で語り合う。月7万あればできます。
  • ラオスで何もしない日々を送ってみる。ラオスの川は凄く綺麗なので、それを眺めるなどして心を癒しましょう。これだと月3〜4万円くらいです。

ちなみにですが、「月7万円は選択肢」をくれるものなので海外の都会でワイワイしたら、すぐに7万円はなくなります。
大切なことは、遊ぶことではなく、選択肢をくれるということ、そして「またいつでも7万円を”自分だけの力”で稼げる」という気持ちがとても大切になります。

これができれば、「いつでも心を癒したいときは、またLPを受注するか」って感じで稼げば選択肢は増えます。
中には「その日暮らしの生活じゃん」って思われますが、月7万いけたら月10万円はすぐいけます。

正直、いきなり月100万円は稼げない訳なので。
最初は、「月7万円ぐらいというベーシックインカム」を目指すのはありかなと思います。

仕事を続けていくと、徐々に稼ぐのが楽になります。

これは具体例をみればすぐに分かります。

  • Aさん:ランサーズ歴1年ほど。LP案件を受注しまくっており、ランサーズ内評価もあるし、お客さんからの信頼もある。提案すればすぐに受注できる、そもそも提案しなくても、既存のお客さんから仕事が流れてくる。
  • Bさん:ベーシックインカムを目指してランサーズを始めたところ。まだ実績はないので、日々提案する作業。あまり受注はできていないけど、少しずつ実績が貯まってきた。少し疲れたけど、もうすこし頑張ろうと思う。

こういった感じです。
これはどの仕事もそうですが、「AさんもBさんのように苦労した時期」がありました。でも、それを乗り越えたからこそ、今があるのです。

深く考えるだけではダメ、深く考えながら手を動かすべき

深く考えだけではダメです、まずは失敗してもいいので動くことが深く考えるよりも断然良いです。


人には、向き不向きはあると思いますが、それは動かないと分からないものです、効率的な稼ぎ方は”実際に稼いだあと”から考えればいいのです。

「自分はプログラミングが向いていない・・・」とか、「クライアントが変な人だったらどうしよう・・・」とか、「納期までに作れるか不安・・・」と思っていたら恐怖で一歩も動けません。だから最初は「失敗して当たり前」と思えば気持ちが楽になります。

実際に失敗したらまたトライしていけばいいだけです。僕も最初は嫌なほど失敗してきましたでも不思議となんかとなるものです( ^∀^)

月7万円は難しくない

正直、月7万円は難しくないです。僕の周りでは月7万円以上稼いで特別贅沢せず自由に暮らしてる人が結構います。

本当に大切なのはどんな時代もやるか、やらないか」です。やらない人はどんな時代でもやらないし、やる人はどんな時代でもやるということです

人生で1回くらい失敗しても命は取られないので、諦めずにバカのように行動したら、それだけで人生半分もらったようなものです。

少なからず僕はバカですし、もうプログラミングを初めて5年ぐらいになりますが、それでもいまだに失敗してますので心配する必要はないかなと。

まとめ:ベーシックインカムで海外に行ってみよう

人生は疲れるときがあります、確かに日本は素晴らしい国ですが、たまには違う国で一日でも過ごしてみるのも良いと思います。

本記事の大事なポイントの振り返り

  • 月7万円を稼ぐには、「HTML/CSS/Bootstrap」を身につければ大丈夫
  • スキルが付いたら、ランサーズのLP案件に提案しましょう
  • でも、初心者だと不安だと思うので、実案件の”参考URL”をコーディングを8件ぐらいする
  • 実案件の”参考URL”がコーディングできる=実案件もこなせるレベル、という意味です
  • 最初は少し大変だけど、諦めずに行動すれば、月7万なら簡単です

これを見たらさっそく行動にうつしましょう。

具体的な行動の整理

「HTML/CSS/Bootstrap」を学ぶには、週10時間を大体3ヶ月が目安です。
お金があるなら、TechAcademyのフロントエンドコースを2ヶ月でも大丈夫です。それが終わったら、ランサーズの実案件内にある”参考URL”を8件コーディングしながら、ポートフォリオ化しましょう。
→これをクリアすれば、「基礎スキル+経験+実績」が手に入ります。

最初の一歩が大事です。勇気を出して今から「HTML/CSS」の学習から始めましょう。(⌒▽⌒)

» HTML/CSS」の学習を始める