Written by Takanori Aoki

Webサイト制作「受注から納品までの仕事の流れ」を5つの手順解説

PROGRAMMING WordPress

フリーランスエンジニアのお仕事の受注から納品までの流れを知りたい人「まだ、プログラミンの勉強を1年ぐらいしてきたんだけど、そろそろ仕事を受注してみたいんだけど、、、、。実際どんな感じで仕事をやっていく手順を知りたい、、。あとテンプレートみたいなものもあったら見せて欲しい・・・。」

こいうった疑問に答えます。

本記事では、フリーランスエンジニアのお仕事の受注から納品までの流れを5つの手順でお伝えします。

WEBサイト制作「受注から納品までの仕事の流れ」を5つの手順解説

もくじ

  • 手順1:Webサイト制作の仕事の流れ
  • 手順2:仕事を受注する
  • 手順3:クライアントと打ち合わせ
  • 手順4:制作作業に移る
  • 手順5:クライアントに確認依頼・納品

手順1:Webサイト制作の仕事の流れ


最初にざっくりサイト制作の流れを紹介していきます。

基本は、次の通りです。

受注→打ち合わせ→制作作業→確認→納品の流れです。

もう少し細かくしたのが下記の表になります。

お問い合わせ 打ち合わせ 制作作業 完成確認・納品
SNS・ブログ 仮見積書 デザイン 確認依頼
クラウドソーシング(ランサーズ) ヒアリング コーディング サイト修正
フリーランスネットワーク 本見積書 システム構築 納品と請求書の発行

また、受注を受けたときに、デザインとか苦手な場合は「外注さんにデザインをお願い」すると良いかと。

あなたがコーディングとシステム構築のみの受注予定でも、これらの一通りのサイト制作の流れを抑えて損はないかと。

手順2:仕事を受注する

フリーランスの駆け出しのころは次の3つの方法で仕事をとるのが一般的です。

受注をとる3つの方法

  • SNS、ブログ
  • クラウドソーシング(ランサーズ)
  • フリーランスネットワーク

積極的に情報を普段から発信したりして、フリーランス同士の仲間を作ることが何より大切です。

また、「自分で営業」して仕事をとるって営業かけてどんどん仕事をとってもいいかと。

※どこまでのスキルがあれば仕事がとれるか分かない方は「フリーランスエンジニアとして「初受注」に必要なスキル」見ていただくとより詳しく解説しております。

手順3:クライアントと打ち合わせ

営業活動してる方は「仮見積書」を作ってると便利です。
営業周りしたときにこのぐらいの金額でこれぐらい出来ますとクライアントにすぐに提示できるので効率がいいかなと。

提案の混ぜたメッセージには”返報性の原理”が働く

”返報性の原理”とは、『人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱く』という原理です。

特に営業はこの方法がかなり役に立ちます。

受注率を上げたい場合は、これを「知るか、知らないか」では大きくかわってくると思います。

今後、売上=受注件数を上げていくには営業は必ず必要になってくると思います。
営業される方はしっかり覚えておきましょう( ^∀^)

なお、こういった心理学の原理は影響力の武器で学べますので、興味があるひとは是非どうぞ。

クライアントから見積もりの修正があると思いますので、その時にクライアント話合いながら「本見積もり」作ればいいと思います。

※ちなみに、フリーエンジニアのWEB制作の相場は、ランディングページが3〜5万円、コーポレートサイト,WEBメディアが10万円〜20万円のイメージです。中小企業にお願いすると30万円ほど、大企業だと数100万円かかるので、お手軽ですよね。
»ランサーズの相場価格

ヒアリング

クライアントと話あって仮見積書に問題なければ今度は「ヒアリング」に進みます。

ヒアリングで最低限聞くべきことは、「Webサイトの内容、納期の期間、参考サイト」がある場合は見せてもらうことですね。

僕が3年以上前にWEB制作の仕事をする際に使っていました、「ヒアリングシート」になります。
» WEB制作サンプルヒアリングシート
このテンプレを使っていただいて構いません。

ポイント

コーディング・システムの構築のみの依頼の場合は、疑問点を確認すればOKです。

本見積書

ヒアリングで問題なければ、今後はクライアントに正確な「本見積書」を提出します。

仮見積書と大きく修正がなければ、基本的にクライアントの方はOKしてくれるはずです。
下記からダウンロード可能です。
» サンプル見積テンプレートのダウンロードはこちら
※ファイル >> 形式を指定してダウンロードからエクセルファイルを選べます。

※注意点

見積書に「納期の時期、方法定義、作業内容」詳しく記載することです。

納品時期は、外注先の素材待ち時間がどうしても伸びがちなので、余裕を持って設定しましょう。

作業内容は、途中で「これもお願い!」「やることそんなにあるの?」と嫌気がおこらないためにも、全て書き出しておくことをおすすめします。

手順4:制作作業に移る

手順3まで済んだら、ここから本格的に作業に移ります。

デザインの作成

デザインを詳しくしいたい人は「フリーランスエンジニアとして「初受注」に必要なスキル」質問その2:デザインはどうすればいいですか?を見ていただくとより詳しく解説しております。

※注意点

もし、外注を考える場合は、問い合わせを受けた段階で、デザイナーにスケジュールを聞いおくと良いです。突然依頼して「今忙しいから無理」と言われるパターンも普通にありますので。

コーディング

コーディングは、デザイナーさんから受け取ったデザインデータを元に、サイトの「コーディング」を行います。

イメージとしては、HTML/CSS/Javascriptのあたりのコードを書いていく感じです。

もし、過去に似たような制作したサイトなのがありましたら、それをどんどん応用して作業時間を効率よく短縮していきましょう。

システムの構築

手持ちのサーバー、もしくはMAMP等の仮想環境で、「システム構築」をしていきます。

WordPressサイトであれば、PHP、プラグインを使って、打ち合わせたシステムを実現する形になります。

あと、各ブラウザで問題なく動作するか確認作業が必須です。

手順5:クライアントに確認依頼・納品

ここまで作業が一通り終わりましたら、それをクライアントに最後確認の依頼をします。

確認依頼と修正

クライアントに確認してもらう際は、自分のサーバー、もしくはクライアントのサーバーにアップロードをしてもらいサイトを確認してらい、適宜修正しましょう。

今後、更新作業をクライアント自身が行うなら、簡単な「作業マニュアル」を用意して、操作確認をしてもらうと良いかなと。

クライアントによっては

確認→修正→確認→修正と、際限なく修正依頼されることもある

そんなときは、回数を制限するか、一度で修正を出し切ってもらうよう注意を促す工夫は必要になります。

納品と請求書の発行

クライアントからのOKが出ましたら、事前に定義したやり方で「納品」となります。

ここで忘れがちになる人がいるのですが、もう一度、最終的なサイトの動作確認を忘れずに行ってください。

それと、納品と一緒に「請求書」も提出しましょう。

見積書は振込先情報を記載したものを再度提出すれば問題ないです。
下記からダウンロード可能です。
» サンプル見積テンプレートのダウンロードはこちら
※ファイル >> 形式を指定してダウンロードからエクセルファイルを選べます。

※注意点

請求書を発行しても油断は禁物です。クライアントによっては入金が遅れたり、忘れてたりすることがたまにあります。入金完了までしっかり確認することを忘れずに。あと、自分が外注を頼んだ場合も自分自身も振込を忘れずに。

まとめ

いきなり一筋縄ではいきませんが、クライアントとの信頼関係を作れれば、単価が倍以上変わるのもエンジニアの魅力の部分かなとおもます。

以上、終わり〜(^○^)