Written by Takanori Aoki

IT業界の将来性は無限である【推奨する分野と必要スキルの解説】

LIFE Work

IT業界の将来性を知りたい人IT業界の将来性を知りたい。IT業界への就職を志願してるんだけど、業界の伸び率はどうなんだろう?あと、ITと言えど分野は幅広いから、どの分野がオススメかも知りたいな。」

こいうった疑問に答えます。

本記事の内容

  • IT業界の将来性は無限である
  • IT業界への就職で推奨する分野とは【Web系】
  • ITのWeb業界で必要なスキルを3つ紹介

この記事を書いてる僕は、ITのWeb業界で生きてきました。現在はフリーランスとして生計を立てており、ITビジネスには相当詳しい自信あります。「そうじゃないと8年もフリーランスで食べていけないので」。所有スキルはプログラミング、Webマーケティング。IT業界で生きるにはかなり便利なスキルです。

さっそく解説していきましょう。

IT業界の将来性は無限である

格好良さや華やかなイメージから、IT業界に興味を持つ人は多いかと思います。IT業界は時代の先端を行く分野であり、新しいもの好きの人にとっては、魅力的な業界といえます。今後も進化を続けるIT業界ですが、ITの将来性が気になる人も多いかと思います。

今や時代の先端を行くIT業界はいつまで成長を続けられるのか、将来的に衰退の恐れはないのか知っておかなければなりません。『将来性を正しく把握して』、『IT業界に就職すべき』かどうか、よく考える必要があります。

ですが、成長力の高いIT業界には無限の可能性が秘められており、将来性の高さは未知数です。新技術の登場によって、今後も爆発的に成長する可能性があり、仕事の幅が拡大することも考えられます。

世界のトップ企業のほとんどがIT業界です

Google、Facebook、Amazon、Apple、Microsoftも全てITです。

というわけで、ここまでをまとめると次のとおり。

  • IT業界は時代の先端を行く分野である
  • 世界のトップ企業のほとんどがIT業界。

現代を生き抜くには今後IT以外ありえないんじゃないかなと思います。

以下のデータは、IT分野の中でも注目されている「IoT」の今後の市場規模の予測データです。

上記のデーターはIT分野の中でも注目されている「IoT」の今後の市場規模の予測データです。IT市場はぐんぐん伸び続けていますよ( ^∀^)

1年で20%以上の成長率です。

なお、『ITも良いけど、自分は人と関わる仕事が好き』って方もいると思います。
でも、給料が倍になるなら、IT業界を選びませんか?お金がある方が幸せに繋がるので、僕はITをおすすめしますね。

『IT業界は寿命が短い、だから将来性はない』という幻想

IT業界の話題をすると、たまに”ITなんて寿命が短いから安定しないでしょ”と言われます。

残念ながらそれは圧倒的な幻想です。

理由は、日本の大手メーカーを見ていただければ一目瞭然です。三菱、パナソニック、ソニーなど、海外にボロ負けしてます。

僕は、たまに海外に行くことがあるのですが、日本のメーカーのスマホを使ってる人をほとんど見たことが
ありません。海外のほとんどの方がiPhoneかサムスン(韓国)です。これには僕もビックリでした。

当たり前ですが、”作れば儲かる”という時代はもうとっくの昔に終わっており、”技術での差別化”も難しい時代なのです。そんな時代なのに、高性能なスマホで差別化しようとしている日本メーカーは、正直、完全にオワコンです。こんなこと言うと、日本人としても悲しいですが、これが真実なので文章にしています。なお、このあたりはチキリン本を読むとかなり分かりやすい〜。

日本メーカーに足りていないのは圧倒的にマーケット感覚(=消費者視点)だと思います。そのあたりの理解に繋がるので、この本はおすすめです。

IT業界への就職で推奨する分野とは【Web系】

ITを一つとっても、分野はさまざまです。

ハードウェア、Web業界、ソフトウェア、情報処理サージビス【SI】などたくさんありますが、、僕はWeb業界を推奨します。

Web業界を推奨する理由、それはITの入口だからです。

答えは簡単です、Webはなんだかんだで、ITの入り口的な役割を持ちます。

  • 新しい情報はいつもWebから広がる
  • 気になったアプリはWebから調べる
  • 動画を見たいときも、Youtube(Web)を使う

ITとWebは切っても切り離せない仲でして、最近はアプリも伸びていますが、結局のところ入り口はWebとなります。

世の中のトレンドを知ることは、IT業界ではかなり強みになる

ITの進化で、世の中の流れが早くなりました。大半の人はその流れについていくのが難しいですが、Web業界にいれば最新情報をキャッチアップしやすいポジションにいます。

僕自身がWeb業界で食べているので、ポジショントークと解釈するのかそうでないと解釈するかはお任せします。ですが、ITでの分野選びなら、Web業界をまず先に候補に入れるのは、”かなりあり”だと思います( ^∀^)

ITのWeb業界で必要なスキルを3つ紹介


Web業界で求められるスキルは次の3つです。

  • プログラミングスキル
  • Webマーケティングスキル
  • ライティングスキル

プログラミングのスキル

まず、プログラミングスキルは大前提になります。これができないと次に進めません。

理由は、Webはすべてプログラミング言語で出来ています。
なので、当然ですが、プログラミングが出来る人は重宝されます。

基本的に『プログラミング = 超難しい』と思われる方が多いかと、ですが、実際はそんなことないです。

プログラマーとしても収入を得ている僕が思うに、プログラミングに好き嫌いはあるかもしれませんが、コードを書いて、Webサイトが動く感覚は、ゲーム的感覚なので楽しいですよ。

特に今ならプログラミングは無料で学べる時代なので、ぜひトライしてみると良いかなと。これから就職を考えるにせよ、プログラミングをかじった知識があるほうが有利になりますからね。

プログラミングは無料で学べる時代なので、ぜひトライしてみると良いです。これから就職を考えるにせよ、プログラミングをかじった知識があるほうが有利になりますからね。今ですと、プログラミング学習サイトは、ほとんどが無料が多いです。
»TechAcademyの無料体験はこちら

Webマーケティングのスキル

Webマーケティングスキルを身につけると収入が爆発的に伸びる。これがWebマーケティングです。

世の中的にあまり知られていないですが、Webマーケテイング会社はかなり稼いでいます。なぜなら、利益率が高く、横展開がしやすいからです。一度ノウハウが溜まったら、それを他業種に展開することで収益が瀑増する仕組みだからです。

ですが、このあたりはちょっとセンスが必要にもなってきます、センスを磨くには実際に手を動かしてみないと伸びません。個人でも始めることができ、僕自身はWebマーケテイングでサラリーマン以上の月収を生み出しています。それは、Webマーケテイングスキルを駆使した情報を価値しているからです。

このあたりはWordPressを使ったブログの始め方、SEOも合わせて解説をご覧ください。SEOと収益アップ方法セットでWebマーケテイングを学ぶためのブログ差作成を解説しています。

ライティングのスキル

ライティングは、中には必要ないと言う方もいらしゃると思いますが、僕はかなり重要かなと思います。

それは、Webはプログラミング言語でてきており、要するに言語=つまり言葉です。
じゃあビジネスの根本的的な本質は何かというと、それは言葉だと思います(あくまで僕の個人の意見です)。

余談ではありますが、僕が営業してた頃¥ころに思ったのですが、良い商品だから売れることもあります、ですが、流行り爆発的に売ってる方は言葉を大事にしてます。なぜなら人は言葉で何かを感じとるからです。

  • 商品を売るには”言葉”が必要
  • Webを作るには”言葉”が必要
  • ”言葉”なしでは、ビジネスは成り立たない

今やインターネットの発達で、直接コミニケーションをとることが減り、テキストコミュニケーションが増えるようになりました、そこで大切になってくるのが、ライティングスキルです。

ライティングというと、ライターといった職業が思い浮かぶかもですが、メールでもプレゼンでも、そこにあるベースは言葉なのです。
適切な言葉を使って、相手を動かすスキル、それが現代で求められるべきスキルではないでしょうか。もちろんのこと、テキストコミュニケーションが主流なIT業界では重宝されるスキルです。

プログラミング、Webマーケテイング、ライティングを何年もかけて学んできた僕ですが、結果として一番お金を生んでいるスキルはライティングだと思っています。人を動かすライティングこそ身につけなければいけないスキルの一つです。

学習方法はWebマーケテイングと同じく、ブログを作るのがベストになります。WordPressを使ったブログの始め方、SEOも合わせて解説をみつつ、今すぐに行動してみましょう。ライティングスキルがあがると、ないとでは、まじで人生変わりますので。

Web業界への就職を考えている方

転職の場合は、レバテックキャリアがおすすめです。
IT・Web転職特化したサイトです。求人数・転職支援実績で業界最大手サービス最大級です。求人数が豊富。まずはここに登録しておくと良いです。IT・Web系に特化した転職コンサルタントが書類作成から面接まで親身にをサポートしてくれますので、不安があってもいろいろ質問できますので安心かと。

何よりスピードも速いです。転職開始から内定まで『最速1週間』です。実際に選考を受ける企業は”平均6件”です。登録しておけば思わぬ案件を紹介してもらえるかもです。ぜひこの機会にトライしてみてください。簡単登録ですと30秒で終わります。
» IT・Web転職特化エージェント|レバテックキャリア

まとめ:IT業界の将来性は無限である

ここまで読まれた方なら分かると思いますが、IT業界には将来性が無限にあるからこそ、長く働きたいならよりよい環境の企業を見つけることがとても大切です。IT企業に就職するなら、まずは現状を正しく知る必要があります。現状の把握から将来性の理解へと繋げ、正しい認識を持った上でIT業界への就職を目指と良いかと。

最後に記事のポイントをまとめます。

  • IT業界の将来性は無限である(業界の伸び率)
  • IT業界の分野なら、Webを推奨する。なせなら、入り口だから
  • Web業界にいれば、新しい情報に触れやすい。結果、知識の差別化に繋がる
  • Web業界で身に付けるべきスキルは、プログラミング・Webマーケテイング・ライティング
  • 個人でもスキルを学べる時代、まずは動くことから

こんな感じの流れです。

とても大事なことは、この記事を読んだだけでは意味がないということ。知識と行動の融合で、はじめて価値が生まれます。

この記事でIT業界の多少の知識は増えたと思います。
なので、あとは行動あるのみです。

今後進化を続ける将来性があり、給料が高く、自由度も高いIT業界。 僕自身はこの業界がなかったら、今の自分はなかったと思っています。そのぐらいの僕には影響がありました。是非、今後も驚かせてくれるIT業界へお越しください( ^∀^)
» IT・Web転職特化エージェント|レバテックキャリア