Written by Takanori Aoki

就活が不安でたまらない学生こそプログラミングを勉強すべき3つの理由

PROGRAMMING

就活が不安でプログラミングを学ぼうか考えてる方「就活が不安でたまりません、、、。今後プログラミングを身につけたいんだけど、、。プログラミングの勉強方法がわかりません?具体的な勉強方法とかありましたら教えてください。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 1:就活が不安でたまらない学生こそプログラミングを勉強すべき3つの理由
  • 2:プログラミングで出来ること
  • 3:プログラミングの勉強方法3パターン

記事の信頼性

記事を書いてる僕はプログラミング歴5ほどです。現在はフリーランスとしてプログラミングでご飯を食べています。
» 参考:【こんな僕が】フリーランスエンジニアで月収100万円を達成した5つの方法

こんな僕が、就活で不安な学生の為のプログラミングの身につけ方について書いていきたいと思います。

1:就活が不安でたまらない学生こそプログラミングを勉強すべき3つの理由

就活が不安でたまらない学生こそプログラミングを勉強すべき3つの理由
それではなぜ、「就活で不安でたらない学生がプログラミング」を勉強したほうが良いかと言うと、次のとおりです。

  • 将来的にさらにITの人材が求められる
  • 自分だけの強みを作れる
  • グローバル的にも可能性が広がる

将来的にさらにITの人材が求められる

下記のデーターは、【2020年7月29日】アドビ株式会社が発表した「新卒採用で企業が重視するスキルについて」の調査結果です。
アドビ株式会社が発表した調査結果

今回の調査の基準は下記のようです

  • 調査方法:インターネット調査
  • 実施対象:500人(過去1 年以内に新卒採用業務に従事しており、2020年4月入社の新卒採用で2名以上を採用した企業の20~65歳の人事部所属社員)
  • 2018年6月実施の結果(n=536)と、2020年6月実施の結果(n=500)の比較を実施
    調査期間:2020年6月19日~22日

「新卒採用で企業が重視するスキルに関する調査結果」 

  • 課題解決⽅法の発想力∕着想力
  • デジタルリテラシー(IT を使いこなせる能力)
  • クリエイティビティ/創造性

上記のようです。
詳しくは、アドビ株式会社の調査結果を御覧ください。

やはり、AIがが進化するに伴い今後はITの人材がどんどん求められる時代です。

AIの今後のことなど知りたいかたは「『AI時代』Web業界の今後は明るい理由【向き不向きはない】」を参考にどうぞ。

自分だけの強みを作れる

キャリタス就活 2020学生モニター調査結果
2020年卒者学生の最新動向を知 るべく2月1日時点の「就活意識調査」よると、就活解禁1ヶ月前の時点で、「自分の強みを見つけられるか」ということに不安を感じている人が20%以上もいます。「自分の強み」という言葉は、「自分ができること」という言葉に置き換えることもできると思います。現代では、自分の強みがわからないという就活生は多く存在します。
 
ですが、今の時代を把握して今後プログラミングを勉強するでこの不安を解消することになります。なぜなら、プログラミングスを勉強することで、自分の中で「時代の強み」を確実に増やすことができるからです

プログラミングは、ゼロの状態から自作のサービスも作れるようになるという経験は、就活で自身を持って自分のアピールポイントになりますし、就活にはかなり有利に働きます。

また、プログラミングの知識は「消えることがないので、ずっとあなたの財産」になっていきます。

グローバル的にも可能性が広がる

プログラミングスキルを学ぶことで、一番のメリットは、グローバルに仕事ができることです。

なぜ、プログラミングを勉強すると、グローバルに可能性が広がるのかは「プログラミング言語=英語」だからです

IT業界の将来性など知りたい方は「IT業界の将来性は無限である【推奨する分野と必要スキルの解説】」の記事を参考にどうぞ

2:プログラミングで出来ること

プログラミングで出来ること
プログラミングスを勉強することで、どのようなことができるかを下記にまとめてみました。

  • アプリ
  • Webサイト
  • ゲーム
  • システム
  • 情報処理

ざっくりですがこのようなことができます。

この中でも、ゲームや自作アプリ、またWebサイトなどがあげられます。今後は、ビックデーターなどの処理が求められてきますので、プログラミングを勉強しない理由がみつかならいぐらいです。

プログラミングを勉強するもう一つの利点

就活ができない間でもプログラミングを勉強することで、自分で仕事を「受注」できるのでそれだけ稼いでいくことも可能です。

3:プログラミングの勉強方法3パターン

プログラミングの勉強方法3パターン
プログラミングの勉強方法は主に3パターンあります。
次のおとりです。

  • 知人に教わる
  • 独学で覚える
  • プログラミングスクールで学ぶ

基本的には上記の感じです。

まず、ここでプログラミングを勉強するに際に覚えておかないといけないことがあります。

それは、プログラミングには「言語」というものがあります。その複数の言語でなりたっております。

どの「言語」を勉強すればよいかは、下記のツイートをご参考に。

知人に教えてもらう

あなたの周りにプログラミングをすでにされてるかたがいらしゃいましたらその方に教わる方が、覚えるのははるかに早いですし、就活スピードもあがりますので就活の不安がなくなります。

独学で覚える

もし、周りにプログラミングをしている人がいない場合は、独学で勉強しましょう。

独学といってもそんなに難しくはありません。プログラミングを勉強していく上で必ず独学で覚えていかないといけなくなる時期がきますので今のうちに慣れるのもありかなと思います。

独学で覚える期間は、とりあえず「3ヶ月」が目安にするとよいです。

独学でプログラミングを学ぶ簡単な手順

  • 手順1: 作りたいものを決める
  • 手順2: 学ぶべき言語を決める
  • 手順3: ツールの使い方を学ぶ
  • 手順4: 言語を学ぶ

就活生が独学でも勉強できる記事を下記に記載してますので参考までにどうぞ

プログラミング学習の始め方

【Web制作 独学】勉強ガイドマップ【初心者向け】

プログラミングスクールにで学ぶ

次に、プログラミングを勉強する方法は、プログラミングスクールで学ぶ方法です。

これは、「知人に教わるのが苦手な方や独学が苦手な方」におすすめです。プロ講師がついておりますので自分のペースで勉強することができます。

プログラミングスクールの良いところは、「分からないときに、すぐに聞けて問題解決が早いこと」です。

プログラミングスクールが気になる人は発表:プログラマーの僕がおすすめするプログラミングスクール3社をどうぞ。

ただ、プログラミングスクールは会費がどうしても少し高いので、そこがネックになってしまう人もいるとおもいます。

ですが、、、、、。

※なんと0円コースがあります
TechAcademyは1週間の無料体験があるとの情報をいただきました。無料体験カリキュラムを見る限りだと、Webアプリケーションの基礎を学べるようです。無料なのでとりあえず試してみるのが良いかなと思います。
»TechAcademyの無料体験はこちら

一度体験だけでも試してみる価値はあるかなと思います。

まとめ

まとめ
この記事の冒頭に書いた

  • 1:就活で不安な学生がプログラミングを身に着けた方が良い3つの理由
  • 2:プログラミングでやれること
  • 3:プログラミング勉強の3つ方法

この3つの点がわかっていただけましたら嬉しいです。

プログラミング学習は就活に不安を感じている学生にとって、いつでもどこでも始めることができる新たな挑戦の選択肢の一つであることを是非覚えていて欲しいです。

以上となります。プログラミングを勉強したいって人がいましたら、ぼくでよければアドバイスもできますので、気楽にご連絡もえたらと思います。

プログラミング学習の始め方

【Web制作 独学】勉強ガイドマップ【初心者向け】

プログラマーの僕がおすすめするプログラミングスクール3社