Written by Takanori aoki

【おすすめ】IT系業界に強い転職サイト・転職エージェント3選

LIFE Work

IT業界へ転職したい人「IT業界に転職したいんだけど..。IT系でおすすめの転職サイト、転職エージェントを教えて欲しい。あと、転職に失敗しないコツとかも知っておきたいなぁ〜。」

こいうった疑問に答えます。

本記事の内容

  • IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選
  • IT業界への転職前に知っておくべき事【出口戦略】
  • IT業界は転職する度に給料が上がる(潰しがきく仕事が多い)
  • IT業界は独立しやすい話
  • 何よりもまずは行動→動きながら考えるスタイル

僕は8年以上IT系のフリーランスとして現在活動してる僕なのですが、僕は会社に所属してない分好きな発言ができると辛口の意見もできます。大企業の経営者や普通のサラリーマンの方だと、どうしても世間体がありますのでなかなか好き勝手に意見やコメントはできないと思いす..。

僕は、思うことをなるべくストレートな記事にしていこうと思います。

IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選

結論いいますと、正直どこのサイトもそんなに大差はないです。

基準は「親身に寄り添って対応」してくれるところに登録することです。

IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選

IT系の転職サイト・転職エージェントを利用する手順

転職サイトと転職エージェントの登録〜転職までは、次のような流れになります。

転職エージェントの登録と転職までの手順

  • ①公式サイトから登録
  • ②面談の日程を調整
  • ③「対面 or 電話」で担当のキャリアアドバイザーと面談
  • ④求人提案を受ける
  • ⑤書類選考に応募する
  • ⑥企業との面接
  • ⑦内定獲得・転職成功

結局はマッチングの問題です

どんなに転職サイトが素晴らしかろうが、どんなに転職エージェントが素晴らしかろうが転職先の会社が微妙だったら意味がありません。要するに、転職が成功するかしないはマッチングの問題になります、最終的な判断はあなた自身がどうかということにあります。

まずはサイト登録をしてみて、転職案件の詳細をチェックしてみるそこから企業担当者に会ってみて、実際に面接で担当者から話を聞いてみる。こういった過程の中であなた自身が判断することです。

僕自身はIT求人ナビから案件されたところで転職を進めていたのですが、最終的にはお断りしました。その理由は僕の考えと向こうの考え方がマッチしなかったからです。

今は昔と違い:企業に選ばれるのではなく、あなたが企業を選ぶ判断が大切

昔は企業側の方が強く面接を行けるときでも『企業側に良い印象的を与える』ことに力を入れていたと思います。ですが、これは昔だと正解ですが、今は半分正解で半分不正解です。

なぜなら、今の時代は企業があなたを判断するのではなく、あなたが企業を判断する立場にあるからです。

僕は昔よく面接で媚び売って、自分をよく見せて、色々と嘘をつきつつ入社した経験がありました。今思えば当たり前ですが、それって意味ないですよね。そんな事しても、仕事は続きませんし、入社してから苦しむのは結局あなた自身になります。

誰でも面接で自分をよく見せたい気持ちはありますが(本来、面接とはそうあるべきだから)、どうしても曲げられない価値観はしっかりと主張すべきです。それでもマッチしたら、その会社はあなたにとっての正解かもしれません。マッチングしなければあんたの価値観と合わない企業というだけです。

メディアを鵜呑みにしてはいけない

特に今の時代はIT業界と聞くと、何個名前が浮かんでくる企業が多いと思います。

でも、正直メディアに紹介されてる企業だから=ホワイト企業とは限りません。

僕の兄貴は(メディアで人気)某IT企業に勤めていたのですが、話を聞いたところ完全に時間外こえても仕事をしておりました。あるとき兄貴に用事があったので夜中の1時ぐらいに電話したところ『今帰宅してる最中なんだけど頭がかなり痛いわ』って言ってるのを今でも覚えております。

何度も繰り返しになりすが、『今、選んでいる企業は自分にとって正解なのか』を選ぶのは他の誰でもなくあなた次第です。そこだけはしっかりと見極めましょう。

よく聞かれる質問:IT業界は未経験でも転職できますか?

答えはもちろんYesです。

希望する会社やポジンションにもよりますが、僕や僕の周りの友人も含めみんな未経験で企業に普通に入社に成功してます。よく求人募集である表向き経験者のみ応募可能とか書かれてある会社でも、熱い気持ちでアプローチしてみると意外に面接に進めたりすることが多いです。

人間は”感情”で動くからです。

「よし!これだ〜!」という企業を見つけたら、スキルとか経験とかは気にせず、とりあえず行動してみるのがおススメです。行動しない限り答えすらわかりません。どんなに凄い人でも最初はみんな未経験です。これから学べばいいだけです。

IT業界への転職前に知っておくべき事【出口戦略】

転職前に考えるべきことは次のとおり。

辞めたあとの出口戦略を考えましょう。

意味がわからない方も多いと思います。「これから転職するのに、なぜ、辞めたあとの出口戦略を考えないといけないの?」って思われますが、凄く大切なことです。

まず、会社は個人を守ってはくれない

少し残酷なお知らせとして、会社はあなたを守ってはくれません。

理由なしであなたを守ってくれる存在は、家族くらいだと思います

『会社=家族』みたいな価値観で生きていると、そこの会社の業績が傾けばすぐにリストラされる可能性が高いです。リストラさえたときに、『会社に裏切られた』という思考になってしまうと思います。会社がずっと助けてくれるというのは幻想なので、
その価値観は捨てましょう

オススメなのは働きつつ技術を身につけることです。

僕の周りにこいう人だらけです。働きつつ別で技術を身につけてます。

技術を身につけて稼げるようになったら、会社を辞めるかとりあえず働き続けるかを考えれば問題ないです。正直、会社に奉仕しても幸せになれません。自分で稼ぐ力(技術)を身につけましょう。

自分で稼ぐなら、手に職をもつべき

僕の兄は、元々エンジニアをしており、会社に働きながら別で個人でもアプリを作っていました。会社の給料とは別に自分で作ったアプリから生まれた収益が会社の給料を超えたところで会社を辞めました。個人で稼ぐことは簡単じゃないですが、スキルや技術を横展開していけば、道はいくつもあると思います。

ノースキルでのエンジニア転職は少し厳しい

完全不可能ではないですが、、、ノースキルからのエンジニア転職は厳しいかなと…。
もしあなたが新卒なら、新卒カードを使って、ノースキルエンジニア就職はかなりありです。ですが、諦めるのも早いです。今はかなりプログラマーやエンジニアの仕事を未経験から教えてくれるところも出てきましたので希望はあります。

ある程度、自分でもスキルを身につけましょう。今ならオンラインでプログラミングを学べる時代なので、コツコツ学習すると良いかなと思います。

※学習方法
あなたがWeb系エンジニアに興味があるなら、学習方法は【Web制作 独学】勉強ガイドマップ【初心者向け】にまとめております。プログラミングスクールに興味がある方は、TechAcademyの無料体験を受けてみるとかなり良い体験になります。
»TechAcademyの無料体験はこちら

どんな職業でもそうですが、まずはやってみないと、その仕事が向き不向き / 好き嫌いが分からないですから。

IT系業界は転職する度に給料が上がる(潰しがきく仕事が多いから)

意外に思われるかもしれませんが、実はIT業界で転職を繰り返しているほとんど方が、前職より高い年収を条件に転職を成功させています。

なぜなら、前職の経験を転職先でもフルに活かせる職種が多いからです。また、IT業界の平均年収は530万円前後との調査があり、他の業界より平均年収の水準が高いです。

今後はIT人材がさらに不足すると予想されているので、年収は益々高くなると考えられます。今がチャンスです( ^∀^)

IT系業界は独立しやすい

僕もそうなのですが、元々兄がエンジニアだったので技術を3年間以上分からないところは教わりながら簡単な案件の仕事を受けてました。意外ですが普通に仕事がとれるのでおどろきです。

今はとくにプログラミングやエンジニアが昔に比べてはるかに需要が高まってきていますが、それと同じくプログラミングスクールも乱立しております。検索で[プログラミングスクール]と検索するとたくさん出てきます。

※迷ったらプログラミングスクールへ
プログラミングスクールに興味がある方は、『【無料あり】エンジニアの僕がおすすめするプログラミングスクール3社』で迷われてる方からすると何のプログラミング言語を学ぶべきかという疑問から、おすすめする3校を詳しく解説しておりますので、参考までにどうぞ〜!

何よりもまずは行動→動きながら考えるスタイル

何ごともそうですが、まずは行動してみないと何も変わりません。

今回、本記事で紹介した転職サイトや転職エージェントを使うタイミングはいつか?その答えは、会社をやめる前であり、今すぐ行動が一番の正解です。

よく耳にする言葉で「会社を辞めてからあとのことは考えればいい」って人がいますが、一度会社を辞めてしまうと収入が0円になりますし、モチベーションも低下します。じゃあ、その状態で余裕をもって転職活動ができるかというと、、、正直、心理的に厳しいと思います。

なんだかんだ言っても、お金がないことは、心の不安定や精神的に正しい判断ができなくなることに繋がります。
仕事をしつつの転職活動は少しハードかもしれませんが、より良い転職を目指すためには、ときとして歯を食いしばることも大切です。

まずは行動 → そして、動きつつ考えるスタイルにしていきましょう。

転職サイト・転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。どのサイトも登録は5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。