Written by Takanori Aoki

プログラミング学習サイト5選|プログラミングスキルは独学でも身につく

PROGRAMMING

プログラミング学習で悩んでる方

プログラミング学習で悩んでる方「これから、プログラミングを学習したんだけど、、どこから手を付けていいのか分かりませ…どのようにプログラミングの学習をしたら良いか教えてください。また、おすすめの学習サイトなども知りたいです」

こういった疑問に答えます。

人によって、プログラミングの学習方法のしかたは様々ですが、その中でも、これから学習方法をしりたいかたは、特に「プログラミング学習サイト」を利用することをおすすめします。

※0円のプログラミングスクールという近道TechAcademyは1週間の無料体験があるとの情報をいただきました。無料体験カリキュラムを見る限りだと、Webアプリケーションの基礎を学べるようです。無料なのでとりあえず試してみるのが良いかなと思います。
» TechAcademyの無料体験はこちら

それでは、さっそく解説していきましょう!

本記事の内容

  • プログラミン学習サイトでやれること
  • プログラミング学習サイトを選ぶ際に注意すべき2点
  • おすすめのプログラミング学習サイト5選

記事を書いてる僕はプログラミング歴5ほどです。今はフリーランスとしてプログラミングでご飯を食べていけてます。
» 参考:【こんな僕が】フリーランスエンジニアで月収100万円を達成した5つの方法

現役の僕が、今後プログラミング学習サイトで「何を学べて、各サイトの特徴、料金体制、どんな人におすすなのか」厳選した5個のプログラミング学習サイトを解説します。

また、この記事を読めば効率よく良質なプログラミングの学習方法を探せます。

プログラミン学習サイトでやれること

プログラミン学習サイトでやれること
ブログラミン学習サイトでやれることは、次のとおりです。

  • プログラミングスクールより安価で勉強ができる
  • 自分のペースで勉強ができる
  • 環境構築不要で勉強ができる

上記のような感じです。

ここ近年プログラミングの需要が増え、様々なプログラミング学習サイトのサービスが展開されるようになりました。

理由としましては、AIの時代に伴いITエンジニアを学びたいニーズが増えてきたことが背景にあります。

そのようなニーズを受け、近年では動画によるハンズオンの形式や問題演習形式など、より学習しやすい環境が整っております。

以前の勉強法では、書籍を読んでそれに書いてあるプログラミングコードをパソコンに打ち込んでプログラムを動かす方法が一般的でした。

また、これらのサービスの中には環境構築不要でサイト内のコンソールからプログラミングをするというものも多いです。

プログラミングする始める前の環境構築で挫折する方も多かったので、初心者の方にとても便利なサービスになりました。

また、将来的にプログラマーやエンジニアを構築したいと考えるてるのならプログラミングスクールに通うのも良いかなと思います。

プログラミングスクールのことを詳しく知りたい方は【発表:プログラマーの僕がおすすめするプログラミングスクール3社】の記事で詳しく説明しておりますので参考までにどうぞ

プログラミング学習サイトを選ぶ際に注意すべき2点

プログラミング学習サイトを選ぶ際に注意すべき2点
これからプログラミング学習サイトで選ぶ際に、注意すべき2点を説明いたします。

どんな学習方法があるのか?

プログラミング学習サイトには、動画で解説してくれるサイト、スライド形式のサイト、ゲーム感覚で学習できるサイトなど様々な学習方法があります。自分の学習スタイルに合ったものを選ぶことが重要です。

動画で学ぶ方法

1つ目は、動画でプログラミング学習が気楽にできるものです、オンラインで学びたい方には、おすすめです。

また、講師が教えてくれるので、わからないときは動画を止めて何度でも見返すことができるので、初心者の方には学びやすい環境構築になっております。

スライド式で学ぶ方法

イラストを中心としたスライド形式で学習ができます。文章と画像で、直感的に理解します。

スライド画面を見ながらコードの書き方を学び、その後自分でコードを書き、チェックをするといった学習を繰り返すことで、プログラミング言語を学んでいきます。

ゲーム感覚で学ぶ方法

こちらの学習方法は、ゲーム感覚で学習できるサイトや、アニメのキャラクターと一緒に学習できるサイトになります、プログラミングはどうしても「覚えるのが難しい」というイメージがあるので、このようにゲーム感覚で楽しみながらプログラミング言語を学んでいく感じです。

どのプログラミング言語が学べるのか?

学習するサイトによって様々ですが、あなたの学習の目的にあった言語を学べるサイトを選ぶようにしましょう。

主に次の言語が学べます

  • Web制作
  • AI
  • アプリ制作

などです。

Web制作で必要な言語

こちらの言語は、一般的に人気の言語かなと思います。今後、自分でWebサイトを構築したい方におすすめの言語になります。

主に必要な言語は以下のとおりです

  • HTML/CSS/
  • JavaScript
  • PHP

上記が代表的な言語になります。

AI(人工知能)で必要な言語

今後、AI時代の加速によりビックデーターなので必要になる言語なのでおすすめの言語になります。

主に必要な言語は以下のとおりです

  • Python
  • C
  • R

などです。

今後、必要とされる言語なので、おすすめの言語になります。下記についても詳しく説明をしております。

ツイートでもPythonついて書いてます

またパーソルキャリア株式会社は2月5日、「2021年、ITエンジニアが学びたい(強化したい)プログラミング言語ランキング調査」の結果を発表

【総合版】ITエンジニアが2021年に学びたい(強化したい)プログラミング言語ランキング

パーソルキャリア株式会社が2021年、ITエンジニアが学びたい(強化したい)プログラミング言語ランキング調査結果【総合版】

【各年代まとめ】ITエンジニアが2021年に学びたい(強化したい)プログラミング言語ランキング

パーソルキャリア株式会社が2021年、ITエンジニアが学びたい(強化したい)プログラミング言語ランキング調査結果【各年代まとめ】

2021年、ITエンジニアが学びたい(強化したい)プログラミング言語の総合ランキング1位は「Python」で32.8%の人に選ばれました。次いで「Java」で9.3%、「JavaScript」で5.9%という結果となりました。また、年代別の結果を見ても20代~50代の全年代で「Python」が1位という結果となりました。

【調査概要】

  • 調査期間:2020年12月8日〜2020年12月17日
  • 調査手法:Webアンケート
  • 有効回答数:全国の20代〜50代のITエンジニア442名

アプリ制作で必要な言語

Webアプリケーションもすごく人気の言語になります。年々、自作アプリを作られる方も多くなってきたので、これからプログラミング学習を始められる人にもおすすめの言語です。

主に必要な言語は以下のとおりです

  • PHP
  • Ruby
  • Swift
  • HTML/CSS
  • JAVA

などがあります。

また、上記のデーターにもありますように、「JAVA 」「Ruby」「Swift」も学びたい言語にランクインしております。

おすすめのプログラミング学習サイト5選

おすすめのプログラミング学習サイト5選
ブログラミング学習サイトで学ぶ際に大切なことは、自分に合った学習サイトを探すことです。これからおすすめのプログラミング学習サイトを5選ご紹介しつつ、どんな学習サイトかも説明していきます。

解説に行く前に、こちらの記事を読んでおくと、よりスムーズに学習ができると思いますので参考まにどうぞ

それでは、プログラミング学習サイトを見ていきましょう。

Progate[プロゲート]

プロゲートの内容

  • 対象言語:「HTML・CSS・JavaScript・jQuery・Ruby・Ruby・PHP・Java・Python・Swift・Command・Line・Git・SQL・Sass」
  • 価格:無料〜980円/月
  • こんな方にオススメ:環境構築で挫折した方、または、0からプログラミングを学びたい方

日本での定番なら、Progateです。
僕の友人でも使っている人が多く、SNS連動しているのでモチベ管理にも良いです。基本的には無料なので、使わない手はないと思います。

ドットインストール

ドットインストール内容

  • 対象言語:基本的な言語は全部入ってます。マニアックな言語も何個かあります。
  • 価格:無料〜880円
  • こんな方にオススメ:すべてのレッスンは3分以内の動画で提供されています。すきま時間を利用して無理なく気軽に学べます。もちろんスマートフォンからも視聴可能です。業界でも最大級なので安心です。

日本だと超定番サイトになります。プログラミング入門者なら、まずドットインストールから始めるべきと思います。基本的には完全無料なのもありがたいです。

paiza動画ラーニング

paiza動画ラーニング内容

  • 対象言語:「Java・Git・Ruby・HTML・CSS・PHP・C・C#・JavaScript・Python」
  • 価格:無料〜880円
  • こんな方にオススメ:動画で勉強して、スキルチェックサービスでステップアップして、ITに転職したいと考えてる方

AI時代の加速で必要になってくる言語がほぼ学べます。将来の言語を学びたい方は、かなりおすすめです。

Codecademy

Codecademy内容

  • 対象言語:「HTML・CSS・Python・JavaScript・Java・SQL・Bash・Shell・Ruby」
  • 価格:講座より無料/有料があります。
  • こんな方にオススメ:環境構築不要で、プログラミングと英語を両方学ぶことができます。

サービス規模としてはあのProgateよりも大きいので、英語も一緒に学びたい人ならCodecademyはオススメです。

Udacity

Udacity内容

  • 対象言語:こちらの学習サイトは、「講義サイトなので、対応言語はその時開講されている講義によって変わります。ほぼ全ての言語に対応しています。」
  • 価格:講座より無料/有料があります。
  • こんな方にオススメ:世界の最先端の授業を学ぶことができます。 ※言葉はすべて英語授業になります。

この学習サイトを見て「え、、全て英語なの」と思われた方もいると思います。

ですが、プログラミングを学ぶ上で「英語」はかかせません。それは、プログラミングのコードは全て「英語」だからです。なので英語になれるようにしましょう。

まとめ


以上プログラミングの学習サイトの紹介でした。今は素晴らしい時代です。今までは、所得格差や会社に務めてないと学習できなかった人も、今では環境構築のいらないプログラミング学習サイトだったり、授業数が豊富なものだったりと、学べる環境がたくさんある時代です。

あとは、「やるか、やらないか」だけですね。

初心者の方には「ドットインストール」をおすすめします。スキルアップや転職を考えてる方には「paiza動画ラーニング」がおすすめです。プログラミングを本格的な技術に触れたい方には「Udacity」「Codecademy」をおすすめします。

また、この機会に是非スクール以外の勉強法として活用してみてください。