Written by Takanori Aoki

プログラミングの独学は無理ではない。挫折しない期間|3ヶ月がベスト

PROGRAMMING

プログラミングの独学は可能なのか知りたい人「プログラミングを独学で学びたいんだけど、、、検索で「プログラミング 独学 無理」でググると沢山出てきます、やっぱりプログラミングを独学で覚えるのは無理なのかなぁ〜。最近はスクールとかもあるみたいだし、お金を払うべきかな? 完全プログラミング初心者だけど、どうやって学習を進めたらいいのか教えて。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • プログラミングの独学は無理じゃない【よくある間違い】
  • プログラミングの基礎学習期間は、3ヶ月がベスト
  • プログラミングで稼ぐ人は、ほぼ全員が独学しています

この記事を書いている僕は、完全独学でプログラミングを身につけました。兄の力も最初はかりましたがその先はほぼ独学で学んできました。最近はWeb系の仕事で稼いでいるのですが、元々フリーランスで生計を立てていました。
» 【こんな僕が】フリーランスエンジニアで月収100万円を達成した5つの方法

プログラミングはある一定を超えると必ず「独学」しないといけなくなるときがあります。正直基礎は「誰かに教えてもらう」ことはできますが、そのさきはどうしても「自分で調べながら独学で学んでいく」しか方法がないと思っています。

僕は、よく兄貴から「普通の人より覚えるのが遅い」といわれてます。正直、「向いてないのかもしれません」がプログラミングは、バカでも優秀な人でも書くコードは同じなのでそこが楽しいです。同じコードを打ち込めば、打つ人が才能なくても優秀でも関係なく同じコードを打てば同じように動くので、「そこが大好きです」

※めちゃくちゃ上を目指さない限りプログラミングに「頭の良さ」はそんなに関係ないのかなと思いいます。

僕みたいに、センスがオワコンであり、何度も挫折しそうになり、エラーで苦しみまくって嫌になった僕でも、「プログラミングでご飯を食べる」ことは実現できました。

そこで今回は「プログラミングの独学って、やはり無理なのかな」と考える方向けに、僕なりの経験に基づいたアドバイス的なものをお話しさせてもらい少しでも参考になれば幸いです。

※記事自体は3分ほどで読み終わりますが、たった3分ですが、プログラミングの独学は無理じゃないことは伝わるかなと思いますm(_ _)m

プログラミングの独学は無理じゃない【よくある間違い】

プログラミングの独学をする上で、よくある間違いなのですが、「スクールに入ればプログラミングスキルが身に付く」という錯覚です。

スクールはあくまでも補助輪でしかないです

自動車学校をイメージしたらわかりやすいのですが、自動車学校に課金してもそれだけでは自動車の免許はもらえないですよね。

自動車学校の役割は「運転のサポート」でして、具体的なには「体系化されたカリキュラムの提供」と「学習の場の提供」あたりかなと思います。

プログラミングスクールでも同じで、月額費用を払うと「プログラミング学習サポート」と「学習する場の提供」を受けられるということです。

プログラミングの独学は効率は良いのか?

なんでもそうですが(=スクール)に入ればいいのかというとそうではありません。
じゃあ、プログラミングもスクールに入ったほうが上達が早いのかと言われると、、、分からないですしその方の理解力もあると思います。

「分からないの?」って言われそうですが、正直、10人いたら10人とも同じではなくその方にとって「覚え方、捉え方、勉強方法」が違ってきますので一概には言えないのです。

また、スクールが合う人もいれば、独学の方が覚えやすい方もいらしゃいます。

僕の結論「お金があるならスクール課金してもいいんじゃないかな」と思います。でも、自分のペースや好きなときに覚えたいかたは「独学」で勉強したほうがいいかなと思います。

スクールだと、2ヶ月〜3ヶ月で15万円くらいです、投資対象としてはコスパ良いと思います。

※例えばWeb制作案件ですと1件でも受注できたら、余裕で回収できちゃう価格です。

15万円くら払ってとにかく誰よりも早く基礎を覚えたいと思う方向けのリンク

お金をあまりかけず、独学しようかなと思う方向けのリンク

※基本僕はWeb系が専門ですので上記の記事はWeb系のプログラミングを中心に書いていますので、アプリ系とかを学びたい方にはあまり頼りにならない記事なのでそのときはググって調べてみてください。

プログラミングの基礎学習期間は、3ヶ月がベスト

結論、プログラミング期限は3ヶ月がベストだと思ってます。時間で言うと300時間くらい学べばある程度の基礎は学べるかなと思います。
※僕のツイッターでも書いてます。

細かい数字はそこまで気にする必要がなくて、要するに大体の「目安的」な感じで考えて頂けた幸いです。

半年間でプログラミングを学ぶなんてムリゲーです

結論として、「期間を半年とかに設定する」と長すぎるからです。たぶん挫折してしまいます。 やるなら短期集中して、ガツっと学んだ方が集中力も続きます。

先日に兄貴の知り合いのフリーランスエンジニア3名で「フリーランスエンジニアを目指す方法」みたいなテーマで飲みながら話してたのですが、そこで感じたことは「大切なのは基礎学習後である」という事実です。

プログラミングを学ぶには、周りの環境が重要

僕もそうなのですが、僕がプログラミングを少し学べたのも元々兄貴がプログラミングで独立してたので、それでわからないところは「教えてもらえる環境」があったのは、やはり周りの環境はデカいかなと思います。

「周りにプログラミングしてる人いないんだけど、、」って言われそうですが、そいう方は、コミニティーに入ったり、SNSでプログラミングで稼いでる人を見つけたりして連絡するのもいいかなと思います。駆け出しエンジニアの頃は「学べる環境に身を置く」ということが意外に重要です。

僕も似ている状況でして、「3ヶ月くらい独学する→コミニティーやスキルや知識がある人のところに飛び込む」という感じですかね。

じゃあ「独学で学ぶのは無理なの?」と思われますが、答えは「No」です、誰かに教えてもらうにしてもある程度の知識があなたにないと厳しいです。なので最初は独学で学べる環境をつくることが大切になります。

プログラミングの独学で大切なことは、基礎学習の「後」にあります。

プログラミング基礎は時間をかけたらスキルは身に付きます。

基礎を学んだあとは「仕事レベル」に到達する必要があるのですが、「いきなり個人受注は怖いし、かといって就職も怖い」と思いますが、とはいえ、そこに行かないと次ステップにはいけないです。そこを頑張るとかなりのスキルがつきます。

なので、方法は何でもいいのですが、3ヶ月間くらいで基礎を学び終えたら、「ある程度は自分を追い込める環境」に飛び込んじゃいましょう。

一番簡単なのは就職かなと思いまして、「未経験でも大丈夫」とかって書いてある求人会社に入れば大丈夫です。そして、面接では「仕事を通してプログラミングのスキルを学びたい」という気持ちを伝えておくようにしましょう。

イメージとしては、学習期間が3ヶ月目なら、2ヶ月目が過ぎたくらいで、就職先を探すと良いかなと思います。
※就職系のサイトは【おすすめ】IT系業界に強い転職サイト・転職エージェント3選にまとめていますので、参考にどうぞ。

プログラミングで稼ぐ人は、ほぼ全員が独学しています

最後にまとめになりますが、「プログラミングを身につけたいなら、独学は必須」です。

かなりスキルを持ってるプログラマーも日々学習を続けております、イメージは次のとおりです。

エンジニアが独学し続ける理由

  • 8割くらいは作り方がイメージできるプログラミング案件を受ける
  • 8割は順調に作りつつ、残りの2割は英語でググりつつ独学してる
  • 要するに、案件を受ける度に、20%ずつ成長する感じです

ざっくりですが、上記のイメージです。
初心者の方からよくある質問として「基礎学習は終えたけど、案件を請けるのが怖い」と聞かれたりしますが、「7割の作り方がイメージできるなら、受けてみる」と答えています。残りの20%が、あなたの伸びシロなので、頑張りましょう。

エンジニアはスキルが資産化になる

「プログラミング学習は難しい」とか「プログラミングは挫折しやすい」とか「プログラミングの独学が難しい」みたく言われますが、これは半分正解で半分間違いです。

プログラミングは時間をかけたら食べれるレベルには成長できますので、まずは300時間くらいは学習してみるのがベストです。そして、「基礎ができたかな」と感じたら、すぐに「学べる環境(=就職など)」に身を投じていきましょう。

これをしていくことで、自分でも気づかないうちに上達できてたりします。
エンジニアやプログラマーはスキルが資産化するので、会社員を続けつつ常に自分のスキルアップできますし、フリーランスでも稼ぐことが可能です。

「プログラミングの独学は厳しいかなぁ…」と迷っていても、行動をしない限り何のスキルも手にいれることはできません、お金があるならスクール課金もあり、あまりお金を使いなくない方は独学の学習方法で良いでしょう。

というわけで今回は以上になります。

まず、やることを明確でして、「プログラミング学習を始める事」です。下記にリンクを用意しておいたので、このページを閉じつつも、学習開始に移行しましょう!

15万円くら払ってとにかく誰よりも早く基礎を覚えたいと思う方向けのリンク

お金をあまりかけず、独学しようかなと思う方向けのリンク