Written by Takanori Aoki

【意外だった】未経験からWebライターになる手順【簡単】

Freelance LIFE

未経験からWebライターを目指している人「未経験からWebライターになる方法を知りたいなぁ….。今後はWebライターの仕事を始めたいんだけど、具体的な手順を知りたいです。Webライターの仕事の流れを大まかに把握したい….。それで、自分でもできそうだったら、動いてみたいなぁ…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 未経験からWebライターになる手順とは【単純】
  • 未経験のWebライターは、どこから始めるべきか

この記事を書いている僕は、Webライティングの業界歴は3年くらいです。元々過去にWebライターとしての仕事もやってきました、今おもうとWebライターの仕事に関わり、かなりスキルを磨くことができたなと感じてます。

過去のトータルを合わせると3,000本くらいはWebライターの原稿をチェックしてきたと思います。また、関わったWebライターの人数は、100名以上は超えてるかなと。

上記の経験から思うことは、「Webライターは未経験でもわりと稼ぎやすい分野」です。 未経験からWebライターになる手順もすごくシンプルですので、本記事で深掘りしつつ具体的に解説しようと思います。記事自体は3分くらいでスラスラ読めるかなと思います。

それでは、早速解説していきます。

未経験からWebライターになる手順とは【単純】

未経験からWebライターになる手順とは【単純】
衝撃を感じるかもしれませんが、Webライターになるのに手順はものすごく単純です…。笑

結論、クラウドソーシングなどのサイトから仕事を取るだけです。

Webライターへの敷居は低い

ぶっちゃけ、Webライターの案件になるだけなら、誰でも簡単になれます。クラウドソーシングのサイトで検索をかけると、たくさん案件が転がっています。

Webライターで安い案件だと「1文字0.1~0.2円」とかもたくさんあるので、高めの案件では「1文字5円」とかあります。その差は25倍、、。最初は、単価の安い案件でも良いですが、徐々に慣れてきましたら高い案件に移行して行くと良いでしょう。

1文字0.1~0.9円のWebライターの案件

1文字0.1~0.9円のWebライターの案件

1文字5円のWebライターの案件

1文字5円のWebライターの案件

基準としましては、格安Webライターが1万円を稼ぐ文字数で、その逆の高収入Webライターは20~25万円ほど稼ぎます。

高収入Webライターの特徴とは

Webライターになるのは本当に簡単なんですけど、「高収入ライター」を目指すなら、しっかりと仕事に取り組みつつ、複数のスキル取得も必要です。

※現時点だと難しくおもうかもしれませんが、将来的にイメージ出来たほうがいいので、あえて難しいことを書いて行こうと思います。

高収入ライターを目指す為の必要なスキルとは

  • SEOの知識
  • WordPressの基礎知識
  • 営業力と価格交渉力

上記のスキルが必要になってきます。

また、WordPressやSEOといった知識は、ブログから学ぶことができます。ここは記事の後半で解説してます。

これはどの仕事でも欠かせないのですが、「営業力と価格交渉」になります。実際ここの部分は「経験」しかありません。

Webライターは、ぶっちゃけ稼げる職業です

大半のWebライターは「副業で数万円の収入」という感じですが、やり方によっては月収100万を越えてる方もいます。

Webライティング情報はTwitterから収集しよう

  • 名もなきライターさん(@writer_noname):月収数百万のスーパープレイヤーです。ライティングのコツをTwitter発信してるのでフォロー必須です。
  • とっとこランサーさん(@Tottokolancer):Webライター向けのノウハウや転職論を中心に発信しています。たまにセミナーとかもやっているので、素晴らしいです。
  • 佐々木ゴウ先生(@goh_ssk):アカウントからいい人オーラが溢れているゴウ先生。Webライター向けのノウハウ発信をしつつ、講座もやっていますので感謝。

上記の方たちは、Webライティング界のトッププレイヤーですので、いろいろと学べると思います。

未経験のWebライターは、どこから始めるべきか

未経験のWebライターは、どこから始めるべきか
以下の手順になります。

未経験の人がWebライターを始める手順

  • 手順①:初めに仕事を取る
  • 手順②:本で基礎知識を学ぶ
  • 手順③:仕事からの学びをアウトプットする

手順1から説明していきますね。

手順①:初めに仕事を取る

繰り返しにはなりますが、もう最初から仕事を取っていきます。
大切なので、何度も繰り返します。いきなり仕事を取ってください。

Webライティングは、実務から学ぶのが一番覚えるのが早いです。
本を読むのも大切ですが、実際に経験した方が、確実に成長のスピード違います。

Webライター未経験の人にオススメな求人サイト3つ

基本的には上記3つで問題無いです。月収数十万クラスのライターさんも、上記を活用してる方が多いですよ。

よくある疑問:最初の仕事で、失敗したらどうしたいいの?

結論、大丈夫です、失敗しません。

そもそも求人に応募して採用されたら、責任は「あなたと発注者」の半々に分散されますので、すべて自分の責任だと思わなくて大丈夫です。

もちろん、「依頼された仕事を無視する」とかはダメですが、いわれた通りに納品まですれば、大きな失敗になることはほとんどありません。なので安心してどんどん挑戦していきましょう!

もし仮に「品質が悪い」とかって言われたら、それは発注側の責任でもあります。大半は「採用前にテスト」があるはずなので、そこを通ったなら自信をもって仕事をしたらOKです。

現時点であなたにできる、最大限のことをしましょう。
完璧を求めて素振りを続けても上手くなりません。舞台に立って初めて分かることもあるのです。

未経験者の人が求人に応募するときのコツ

未経験であることは、むしろ強みになることがありますので隠さなくて大丈夫です。
シンプルに伝えることが大切です「未経験だけど、精一杯、努力します」みたいな感じでOKです。

僕は過去に何度か未経験のライターを雇ったことがあるのですが、みなさん真面目でした。もちろんスキル面で不足はありましたが、雇う側の人がマニュアルを用意して教育すれば、みなさんどんどん伸びていきました。

人にもよりますが、未経験から採用→その後に2年以上のお付き合い、というライターさんもいまして、発注者の視点として「経験者=必ずしも優秀とは限らない」むしろ「未経験者=変な知識が無いので逆に優秀です」なので、未経験を武器にしてどんどん挑戦していきましょう。

手順②:本で基礎知識を学ぶ

本で学ぶのもとても大切なのですが、ぶっちゃけ限界があります。
やはり経験からでしか学べないことが多いです。

学ぶべき知識

WordPressの基礎知識+SEOの基礎知識です。その理由は単純明快で、仕事の単価が上がるからです。単価を上げる努力をしないといつまでも安い単価で使われてしまいます。

ここは未経験だとイメージしづらいかもですが、案件を受注するときに「WordPressのアップロード作業もできますよ」といった話をしたら、それだけで単価が上がったりしますので。

もしくは、案件に応募するタイミングで「SEOの基礎知識があります」といったメッセージを添えるだけで、受注確率は大幅にアップです。

WordPressの基礎知識を学びたい人へ


自分の力でブログを立ち上げられるようにしましょう。
すこしお金はかかりますが、しっかり収入を増やしたいなら、初期投資は必須です。下記のとおりに進めたら、だれでも学べます。

WordPressの基礎知識は、1週間もあれば学べますし、それだけでWebライターとしての価値があるに、、なぜか、ほとんどの人が勉強してないですね。

逆に言えば、ちゃんと勉強したら、Webライター市場で重宝されやすい(=つまり、継続的に稼ぎやすい)ということです。

SEO対策の基礎知識を学ぶ方法

手順③:仕事からの学びをアウトプットする

仕事をしつつ、本で学習をしつつ、さらに自分アウトプットしていきましょう。

先ほど用意したWordPressのサイトで、Webライターとしての学びや、もしくは自分の趣味について記事を書いていきます。 3ヶ月くらいのWebライター経験があれば、ノウハウや知識も少し溜まっていると思いますので、世の中へ発信していきましょう。

ブログを書くコツ

手抜きせずに魂を込めて書くこと。手抜きして書くなら、最初から書かないほうがいいです。時間の無駄です。

ブログを書くことで、「ブログ=あなたのスキルや知識の証明」になります。

発注者の気持ちで考えると分かると思うのですが、「ライティングできます」と言われても、相手からしたらいまいち信用できないですよね。 それは、証明するものが無いからです。しかし、「ライティングできます。僕のサイトは◯◯です。」と言われたら、発注者はあなたのスキルレベルを判断しやすいからです。

また、「ライティングできます。私のサイトは◯◯です。WordPressで運営してまして、SEOも意識した結果、月間1万アクセスがあります。」まで書けたら、あなたの単価は爆上がりしますね。

※とはいえ、サイト運営を始めるのは、「未経験で仕事を取る→3ヶ月ぐらいは仕事の経験しつつ学ぶ→その後にサイト構築する」くらいの気持ちがないと厳しです。

Webライターは、真面目に取り組めば勝てる

大半のWebライターは「副業としてお金お稼げたらいいや…」くらいのモチベーションで働いてる方がほとんどです。

完全にダメな仕事の仕方

  • 発注したのに、連絡が返ってこない。
  • 納期に遅れそうになると、言い訳をする。
  • 3ヶ月契約なのに、1ヶ月で辞めていく。

正直こんな感じで、発注側も消耗していたりしますので、みなさん「信頼できるライターを探している」という現状が結構あります。

この人、信用できるライターの特徴とは

  • 返信が速い&丁寧である。
  • 納期に遅れない。むしろ早めに納品される。
  • 契約期間を守る。個人的な事情の言い訳をしない。

上記は、どれも「当たり前のこと」なのですが、悲しいことにWebライティング業界だと、適当に仕事する人も多くいますので、、、とても残念ですね。

とはいえ、裏返して考えたら、「しっかり真面目に取り組むことができれば、信頼を勝ち取ることは簡単にでき、継続的に仕事も貰える」のでやるのであればしっかり取り組むことが本当に重要です。

最後に参考までに:収入の目安を記載しておきます

初めからガンガン稼ぐことは無理なので、段階を踏みながらやっていきましょう。
目安は下記になります。若干のズレはお許しを〜( ^∀^)

経験年数 文字単価 原稿1本の単価 時給換算
0〜3ヶ月 0.6円〜0.8円 1,800〜2,400円 720円〜1,200円
3〜6ヶ月 0.8円〜1.0円 2,400〜3,000円 960円〜1,500円
6〜12ヶ月 1.0円〜1.5円 3,000〜4,500円 1,200円〜2,250円
12ヶ月〜 1.5円〜 4,500円〜 1,800円〜

※注1:記事1本で3,000~4,000文字と仮定しました。業界的にこれくらいが平均です。
※注2:記事1本で、2〜2.5時間くらいの執筆時間と仮定しました。

ざっくり上記のとおり。

当たり前ですが、最初の3ヶ月とかは稼げないです。 そして、みなさん3ヶ月以内に辞めていきます、「Webライターなんて稼げないよ」みたいな愚痴を言いながら去っていきます。これが現実です。

当たり前ですが、最初から稼げる訳はないので、徐々にスキルアップして、自分ができる仕事領域を増やし、単価も上げていきましょう。

1年くらい続けたら、生活費レベルなら稼げるようになっていると思います。1年で月20万ぐらいの副収入が作れるのは、わりと素晴らしいと思います。これを機に、挑戦してみるといいかなと思います。

Webライター未経験の人にオススメな求人サイト3つ